>

楽しく学んでスキルアップ!語学系資格

TOEIC・TOEFL・英検

まずは英語の資格です。
「TOEIC」や「TOEFL」、「英検」はいずれも認知度が高く、あると有利なのは間違いない資格と言っても良いでしょう。
学生時代には苦手だった人でも、学校の勉強と切り離したところで資格取得を目指すことで、意外とすんなりと英語が頭に入るケースもあります。
苦手意識のある方は、例えば英検5級からなど、初級レベルから挑戦していくと良いでしょう。
資格に挑戦することで、自分の英語レベルを知ることにもつながります。

履歴書に書けるかどうかを目安とするならば 、目指したいレベルは次の通りです。
TOEICは600点以上、TOEFLではiBTテスト90点以上、英検は2級以上あたりを目標とすると良いでしょう。

他の人と差をつけるならこんな資格も

語学系資格で今需要が高まっているのは、「中国語検定試験」や「HSK」です。
第2外国語として学生が選択する科目として人気が高いのも中国語です。
そこにはやはり、中国の人口の多さ、経済発展といった背景があるのでしょう。
将来性のある資格として、社会人でも中検やHSKなどの資格にチャレンジする人が増えています。
後者のほうが難易度が低めなので、初めて挑戦する場合には、HSKのほうがおすすめです。

外国語の習得が必須とされる一方で、実は「日本語検定」や「漢字検定」といった日本語の能力を証明する資格にも改めてその価値が認められてきています。
コミュニケーション能力や正しい日本語の重要性が謳われる現代だからこそ、アピールにつながる資格と言えるでしょう。


この記事をシェアする